こどもにやさしい医療を目指して
     
              茨城こどもECHOゼミナール代表
              茨城県立こども病院 超音波診断室                  浅井 宣美 平成25年12月、「茨城県内に従事されている小児科医および医療従事者ととも
に腹部超音波のスキルアップをはかり、小児医療に寄与する」という趣旨のもと、
第1回茨城こどもECHOゼミナールをスタートさせてまいりました。 非侵襲性で被曝性のない超音波検査 (US)は、小児科診療にとって第一選択となりうる
モダリティーであり、一人でも多くの医療従事者に知っていただきたいという願いを込めて
回を重ねてまいりました。 今年の2月に節目の第10回(つくば国際会議場)を迎えるはずでしたが、残念ながらSARS-CoV2に
よる感染症拡大のため、中止を余儀なくされました。 しかし、逆境に強い茨城こどもECHOゼミナールのメンバーは、ピンチをチャンスに変えるべく、
6月20日 筑波大小児総合医療グループを中心にZOOMによるハンズオンセミナーを開催しました。
実質10日間のご案内でしたが300名に及ぶ参加者で盛況となり、我々は自信を深めました。 今回は、茨城こどもECHOゼミナール開設時のベストメンバーで臨みます。 ハンズオンはレジェンド内田正志先生(徳山中央)の「腹痛」、浅井プロデュースの「発熱」
そして、定番となりました吉元和彦先生(熊本日赤)、小野友輔先生(北九州市立八幡)による
スペシャル講演もご用意しております。 今回は職種・キャリア関係なく一律3000円の参加費となっておりますが、充実した4時間半の
ドラマとなることをお約束します。 なお、ゼミナール開催中はチャットによる質問を受け付けます。これまで疑問に思っていたこと
を胸にしまっておかず、この場で解決してください。(回答者20名が控えております) 医師、臨床検査技師、診療放射線技師、看護師の皆さま、このゼミナールをきっかけとして
新しい世界を切り開いてみてはいかがでしょうか。

 


2021年2月28日 日曜 13時 開催決定

内容は、現在準備中です。

テーマ 「真実はここにある」 300分

 

参加予定の皆様から、内容に関するリクエストのアンケートを取ります。

 

3月いっぱいまで、同内容をオンデマンドで配信予定です。

 

子供のエコーを学びたい医療従事者なら、どなたでも人数無制限で参加可能です。

新人も、ベテランも、コメディカルも

研修医も、専攻医も、指導医も、超音波検査士も、エコーに慣れていない技師も

あらゆる医療従事者を歓迎します!!